Social contributions & Community activities 社会貢献・地域活動

 中部フィルハーモニー交響楽団は、旧称である小牧市交響楽団時代の2001年8月、オーケストラとしては日本で初めて特定非営利法人(NPO)として認可されました。これは、地元企業や団体、市民が支える形で誕生し、小牧市が進める「高い文化と教養のある豊かなまちづくり」の一環として高度な音楽芸術を鑑賞する機会、音楽教育の機会を市内に設けることの実現を目指す私共の活動が、認められたことによるものです。
 中部フィルハーモニー交響楽団と名を変えた現在も、その精神は変わっていません。地元・小牧市だけに関わらず広く中部圏の「音楽芸術文化の向上」を目指して、教育活動や地域の活動に積極的に関わり、「市民の手による、市民に支 えられた、市民のための交響楽団」を目指してまいります。


子どもたちの教育へのかかわり

 将来を担う子どもたちの情操教育として、学校への出張コンサートは、多くのオーケストラが行っています。中部フィルも各自治体や文化庁からの依頼をうけ、中部圏をはじめ様々な地域の学校へ訪問しています。また、地元小牧市では、学校の音楽授業へ出張して楽器を紹介したり、楽団員による吹奏楽部の指導を行ったりするなど、積極的に教育へ関わっています。

socialimg_01

発祥の地・小牧とのつながり

現在も本拠地である発祥の地・小牧では市民との交流を積極的に行っています。福祉施設でのボランティアコンサートはもちろん、地元のお祭りに参加し、地域に根差した活動を展開しています。また、小中学校をはじめ幼稚園・保育園でもコンサートを開催、小さな頃から生の音楽芸術に触れる機会を提供しています。

socialimg_02
socialimg_03

コンサートへのご招待

 愛知県共同募金会様を通じて、社会福祉施設の皆様を演奏会へご招待しています。また、この活動に対し中央共同募金会様から感謝状が贈呈されました。

socialimg_04

サンクスコンサート

 日頃の感謝を込めて、中部フィルの楽団員が企画・出演する無料コンサートです。地域の皆様に楽しんでいただけるようなプログラムをお届けいたします。

socialimg_05