9月20日(日) 第71回定期演奏会 新首席客演指揮者となってから飯森範親氏が中部フィルを初指揮! Vol.5

9月20日(日) 第71回定期演奏会 新首席客演指揮者となってから飯森範親氏が中部フィルを初指揮! Vol.5

2020.09.16


OLYMPUS DIGITAL CAMERA




の度、首席客演指揮者として中部フィルハーモニー交響楽団の皆さんと共演の機会が増えますのを心より嬉しく思っております。チャイコフスキーは私にとって、ライフワークの一つと言っても良い作曲家です。彼はメンタリティの側面でとてもミステリアスな存在であった様です。交響曲を始めとするオーケストラ作品の様々な場面で、彼自身の置かれた社会的な評価、立場まで垣間見る事ができます。人間が誰でも持ち合わせている弱さ、へこたれてしまった時の人には理解できない空虚感、絶望感…そんな時に癒してくれる愛する人の存在、それをエネルギーに変えてどん底から立ち上がる様…日本人の心に染み入り、懐かしささえ感じてしまう印象的なメロディと共に、極端なまでのダイナミックスの変化と幅によって、その光景が音響の大波となって皆様の客席に打ちつけてくる…これがチャイコフスキー作品の醍醐味と言っても良いと思います。小牧市市民会館大ホールで是非体験してみては如何でしょうか?ご来場を心よりお待ち致しております。