About Orchestra 楽団について

中部フィルとは

中部フィルハーモニー交響楽団(旧 小牧市交響楽団)は2000年2月、広く中部圏の「音楽芸術文化の振興と向上」を図ることを目的として、佐藤 宏(現 ファウンダー)の呼びかけによって小牧市を本拠に設立された。
活動範囲は中部圏全域にわたり、各市町、企業・団体からの依頼コンサート、オペラ・バレエ団との共演、テレビ朝日系「題名のない音楽会」にも出演している。
2005年のCBC主催ベートーヴェン・マラソンコンサートでは、秋山和慶の指揮で交響曲第4番・5番を演奏し絶賛を博した。また同年、皇太子殿下ご臨席による「愛・地球博」閉会式及びファイナルコンサートでも演奏を行い、さらに1年後の「愛・地球博1周年記念大復活祭」ではジャパンスペシャルオーケストラとして参加し、演奏の様子はNHKによって全国放映された。その活動に対して2009年2月愛知県芸術文化選奨文化新人賞を受賞した。
その他、青少年の情操教育の一環として、小中学校巡回演奏、各施設でのボランティア演奏なども積極的に行い、地域に根ざした、地域を超えるトップクラスのオーケストラを目指して活動を続けている。
2010年4月、秋山和慶がアーティスティック・ディレクター&プリンシパル・コンダクターに就任。2015年5月には創立15周年を記念し、愛知県芸術劇場コンサートホールに満員の聴衆を迎え、演奏時間が1時間を超える合唱付きの大曲、マーラーの交響曲第2番「復活」を秋山の指揮で演奏し、多くの聴衆に感動を与えた。
2017年4月より、芸術監督・首席指揮者に秋山 和慶が就任。

中部フィルハーモニー交響楽団の歩み

名古屋公演を年2回に拡大
2000年 2月 小牧市交響楽団設立
3月 創立演奏会
秋山和慶 名誉首席指揮者就任
6月 第1回定期演奏会
2001年 8月 NPO法人認証
2007年 1月 中部フィルハーモニー交響楽団に改名
5月 日本オーケストラ連盟に加盟
2008年 松阪で演奏会を開催(以降、定期演奏会として毎年)
2009年 名古屋、犬山で演奏会を開催(以降、定期演奏会として毎年)
「文化芸術による子供の育成事業‐巡回公演事業‐」を初採択
2月 愛知県芸術文化選奨文化新人賞受賞
2010年 4月 秋山和慶 アーティスティック・ディレクター&プリンシパル・コンダクター就任
堀俊輔 レジデンス・コンダクター就任
池辺晋一郎 アーティスティック・アドバイザー就任
2011年 1月 ニューイヤーコンサートを開催(以降、毎年)
4月 創立10周年記念演奏会
2015年 2月 創立15周年
5月 創立15周年・秋山和慶指揮生活50周年記念演奏会
12月 認定NPO法人に認定
2017年 4月 秋山和慶 芸術監督・首席指揮者就任
オーケストラオーケストラ

SEASON PROGRAM

年間スケジュール、チケット案内、サポート会員
について等のご案内PDFです。