About Orchestra 楽団について

指揮者

指揮者

芸術監督・首席指揮者

秋山 和慶 _ Akiyama Kazuyoshi

 1941年生まれ。故斎藤秀雄のもとで指揮法を修め、63年に桐朋学園大学音楽学部を卒業。64年2月に東京交響楽団を指揮してデビューののち同団の音楽監督・常任指揮者を40年間にわたり務める。トロント交響楽団の副指揮者、アメリカ響音楽監督、バンクーバー響音楽監督(現在桂冠指揮者)、シラキュース響音楽監督を歴任。フィラデルフィア管、ニューヨーク・フィル、ボストン響、シカゴ響、ロイヤル・フィル、NDR北ドイツ放送響、スイス・ロマンド管、チューリッヒ・トーンハレ管などに客演している。
これまでにサントリー音楽賞、芸術選奨文部大臣賞、大阪府民劇場賞、大阪芸術賞をはじめ、東京交響楽団とともに毎日芸術賞、京都音楽賞大賞、モービル音楽賞などを受賞。2001年紫綬褒章、2011年旭日小綬章を受章。2014年度文化功労者に選出。同年中国文化賞(広島)、徳島県表彰特別功労賞を受賞、2015年渡邉暁雄音楽基金特別賞を受賞。2014年指揮者生活50年を迎え、2015年2月には回想録「ところで、きょう指揮したのは?」 (共著/アルテスパブリッシング刊)を出版した。
現在、東京交響楽団桂冠指揮者、広島交響楽団終身名誉音楽監督、九州交響楽団桂冠指揮者、中部フィルハーモニー交響楽団 芸術監督・首席指揮者を務めるほか、洗足学園音楽大学教授として後進の指導に当たっている。

<中部フィルの可能性にかける>
中部フィルが産声を上げて今年で17年、子どもの成長でいえばやっと大人の一歩手前まで来たということでしょうか。
その間、多くの試行錯誤を行い今回ご紹介するような形で自主コンサートが定着してまいりました。
中部フィルは本拠地の小牧市のみではなく名古屋市、犬山市、春日井市、岐阜市、松阪市と東海3県で幅広く自主コンサートを行い多くの地域の皆様に親しんでいただいておりますが、反面、これは特定地域での複数公演による定期会員などの厚いファン層の蓄積が難しいということでもありました。この状況を少しでも改善するため今年度から名古屋での定期演奏会を私の指揮で2回とさせて頂き、初めて定期会員の皆様を募集することとし新たな可能性に挑戦したいと考えています。
なお、今年度の中部フィルの自主公演は実績と知名度のある指揮者と若く才能豊かな演奏家とのコラボを中心にしたコンサートになっており、話題性豊かでございます。ぜひ中部フィルのコンサートに足をお運びいただきますよう心からお願い申し上げます。

 
指揮者

首席客演指揮者


飯森 範親 _ Iimori Norichika


桐朋学園大学指揮科卒業。ベルリンとミュンヘンで研鑽を積む。94年から東京交響楽団の専属指揮者、モスクワ放送交響楽団特別客演指揮者、広島交響楽団正指揮者などを歴任。96年の東京交響楽団ヨーロッパツアーでは「今後、イイモリの名が世界で注目されるであろう」と絶賛された。
04年シーズンより山形交響楽団の常任指揮者に着任し、次々と新機軸を打ち出してオーケストラの活動発展と水準の向上に目覚ましい成果を挙げている。07年より音楽監督に就任。08年にはアカデミー賞映画「おくりびと」にも出演するなど、「飯森&山響」コンビのエネルギッシュな活動はいま大きな注目を集め、2011年には山形県より斎藤茂吉文化賞を受賞。
海外ではフランクフルト放響、ケルン放響、チェコ・フィル、プラハ響、モスクワ放響、北西ドイツ・フィル、デュッセルドルフ響、ドルトムント・フィル、バーゼル響、チェコ国立ブルノ・フィル、チェコ国立モラヴィア・フィル、ホノルル響、アルトゥール・ルービンシュタイン・フィルなど世界的なオーケストラを指揮。01年よりドイツ・ヴュルンデンベルク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽総監督(GMD)に就任、日本人指揮者とドイツのオーケストラの組み合わせとしては史上初の快挙となる「ベートーヴェン交響曲全曲」のCDをリリースし、06年の日本ツアーを成功に導いた。同オケとは2017年5月にミュンヘンのヘルクレスザールを始め土老津国内ツアーを指揮。また、同年9月にはポーランドのオルシティン・フィルのシーズン開幕定期公演を指揮し成功を収めた。
国内外の多くのオーケストラとの間に築かれた類稀な信頼関係、信頼を裏付ける着実な活動の輪の広がりが高く評価され、05年「渡邉暁雄音楽基金音楽賞」を受賞。さらに、近現代作品や日本人作品の初演・再演に対する業績により、06年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、06年度中島健蔵音楽賞を相次いで受賞した。2012年東京交響楽団との《レスピーギ:交響詩「ローマの松」「ローマの噴水」「ローマの祭り」》はレコード芸術誌特選盤、2015年日本センチュリー交響楽団と収録を行った「マーラー:大地の歌」「ハイドン交響曲集vol.1」はレコード芸術特選盤に選出。2016年には世界的にも数少ない日本初となる「モーツァルト交響曲全集」を山形交響楽団と収録し第55回レコード・アカデミー賞(特別部門企画・制作)を受賞。また、日本初演となった東京交響楽団定期公演との「ポポーフ作曲交響曲第1番(ライブレコーディング)」は、オクタヴィアレコードよりCDを発売され、レコード芸術誌、朝日新聞for your Collection両特選盤に選出された。
東京交響楽団正指揮者、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、ヴュルンデンブルク・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者。2014年シーズンから日本センチュリー交響楽団首席指揮者、2019年シーズンより山形交響楽団芸術総監督に就任。