About Orchestra 楽団について

中部フィルとは

中部フィルハーモニー交響楽団は、2000年に愛知県小牧市で小牧市交響楽団として発足した。その後、2005年の愛知万博に出演するなどの活動を経て、2007年に広く中部地域の音楽文化に貢献するため「中部フィルハーモニー交響楽団」と改名した。その2007年からは演奏域を広げ、愛知県小牧市以外の愛知県名古屋市、愛知

県犬山市、三重県松阪市、岐阜県岐阜市で新たに定期演奏会や定期的なコンサートを毎年開催し、2017年にはそれらの演奏会が10年目となり通算10回を数え、各地域の音楽文化振興に貢献してきた。2015年には創立15周年となり、またアーティスティックディレクターの秋山和慶が指揮生活50周年を迎えたことから、これを記念してマーラーの交響曲第2番「復活」を愛知県芸術文化センター・コンサートホールで満員の聴衆のもと開催し、その演奏は高い評価を得た。2017年度からは秋山和慶が新たに芸術監督となると共に、名古屋定期演奏会の回数を増やし「ブラームス・ツィクルス」を2年間4回でスタートし、誠実かつ熱のこもった演奏を行い好評を博した。その時のライブ演奏は「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」で世界配信されている。なお2018年度からは5回の定期演奏会をNAGOYAシリーズ3回、KOMAKIシリーズ2回とし名古屋と小牧に一層軸足を置くと共に、特別演奏会を小牧市2回の他、春日井市、岐阜市、松阪市で開催し、引き続き中部圏各地域での音楽文化振興に寄与していく。定期演奏会では1人の作曲家にフォーカスしたプログラムも注目されている。また2018年10月には名古屋フィルハーモニー交響楽団第461回定期演奏会にてマーラー作曲「千人の交響曲」に出演し、名フィルとともに見事な演奏を聴かせた。

受賞歴としては愛知県芸術文化選奨新人賞等を受賞。2017年12月に「多年にわたり地方自治の発展に尽力したその功績は誠に大である」として愛知県知事より感謝状を授与された。

中部フィルハーモニー交響楽団の歩み

2000年 2月 小牧市交響楽団設立
3月 創立演奏会
秋山和慶 名誉首席指揮者就任
6月 第1回定期演奏会
2001年 8月 NPO法人認証
2007年 1月 中部フィルハーモニー交響楽団に改名
5月 日本オーケストラ連盟に加盟
2008年 松阪で演奏会を開催(以降、定期演奏会として毎年)
2009年 名古屋、犬山で演奏会を開催(以降、定期演奏会として毎年)
「文化芸術による子供の育成事業‐巡回公演事業‐」を初採択
2月 愛知県芸術文化選奨文化新人賞受賞
2010年 4月 秋山和慶 アーティスティック・ディレクター&プリンシパル・コンダクター就任
堀俊輔 レジデンス・コンダクター就任
池辺晋一郎 アーティスティック・アドバイザー就任
2011年 1月 ニューイヤーコンサートを開催(以降、毎年)
4月 創立10周年記念演奏会
2015年 2月 創立15周年
5月 創立15周年・秋山和慶指揮生活50周年記念演奏会
12月 認定NPO法人に認定
2017年 4月 秋山和慶 芸術監督・首席指揮者就任
2020年 4月 飯森範親 首席客演揮者就任
オーケストラオーケストラ

貸借対照表の公告

2017年度 貸借対照表
2018年度 貸借対照表